末吉さんの文章喫茶店のようなところ

9
ノート

お父さんのマグカップ。【超・超短編小説】

いつの頃からか父のことが嫌いになった。高校生のときにはほとんど口も聞かなかった。仕事で遅くなる日は、一緒に食卓を囲まなくてよくて、ホッとしたの...

300

自分の好奇心に高い値段をつける。

人はお金を払うとき、大なり小なりプレッシャーを感じるものです。それは高額になればなるほど増していきます。そして僕はいま、プレッシャーの真っ只中...

300

「しあわせになります」宣言。

僕は28歳で会社を辞めました。しかし、本業で仕事がとれず、アルバイト生活に突入しました。そこから半年ほどが経過したある日、明日をしのぐお金もま...

300

歳をとる。【超・超短編小説】

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

ドキドキワクワクする人生を送ろう!

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

人と違うことをする。

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

お金の不安から手を離す。

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

期待という名の鎖。

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

疲れた男。【超短編小説】

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます