末吉さんの文章喫茶店のようなところ

4
ノート

あきらめないことのご褒美。

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

お父さんのマグカップ。【超・超短編小説】

いつの頃からか父のことが嫌いになった。高校生のときにはほとんど口も聞かなかった。仕事で遅くなる日は、一緒に食卓を囲まなくてよくて、ホッとしたの...

300

歳をとる。【超・超短編小説】

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

疲れた男。【超短編小説】

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます