感情の学校

1
ノート

『感情の学校』1時限目がはじまるよ!

感情について語り出したら、それこそ日が暮れてしまうと思う。それくらい、ぼくにとって大切なものだ。だけど26歳ごろまで、感情ということばと無縁に過ごしてきた。じぶんで言うのもなんだが、ぼくは人がよくて、Niceな人間だ。(結構多くの人から言われるから言ってもウソじゃないかと)怒りや妬み、悲しさなんてものは存在しない(かのようにして)生きてきた。

あることをきっかけに、「感情ってなんなのか?」をよー

もっとみる