感情の学校

27
記事

「横の繋がりがないと死ぬ」
人間関係には上から、横から、下からの
関係があります。
日常的な幸福感、安心感を高め
物事をスムーズに達成していくには
横からのつながりが大切です。

雑談が出来ることはもちろん
言いにくい事もズバリ言い合えたりするた
お互いの信頼感が増します。

それがないと、
知らぬ間に殺伐とした人生になり
自分を蝕んでいきます。

あなたの感情は今、どんな感情ですか?

感情の学

もっとみる
嬉しいです(๑˃̵ᴗ˂̵)

「周囲の出来事は自分が作っている」
あいつのせいで、と思うことがあります。
そう思っているときは、とても真実味があります。
でもこの言葉は、実は自分を完全に無力にさせます。

相手のせいにしてしまうことは
自分の責任を手放すことで
「私は何もできません」ということになるのです。

幼少期は、そういう時期があるでしょう。
事の善し悪しもわからず、
無力で、目の前のことが世界の全てである時期があります

もっとみる
嬉しいです(๑˃̵ᴗ˂̵)

「なんでも文句言えばいいんですね←違います」
質問をいただきました。
「感情を出すことが大切と聞きました。
ということは、
何でも気に入らないことは文句を言えばいいんですね?」

はい、違います。
文句というのは表層のものであって
本当の感情ではないからです。

感情の学校の伝えていることは
自分の中心を知り、それを表現しよう
ということです。

人間の中心が文句で出来ているひとはいないと
思いま

もっとみる
頑張ります☆

Vol.280「食事を共にすること」

「食事を共にすること」

友人と食事をする機会が多い今日この頃。
食事を共にするというのは大切なことです。

国家間でも、要人が共に食事をする時間を
特別に設けます。

美味しい食事を共にすると、心が開きます。
心が開くと、会話が始まり
人間関係がとても近くなります。

近しい人間関係のひとが増えるというのは
幸せや豊かさが増えるということです。

美味しい食事を共にする機会を
意図的に増やしてみ

もっとみる
ありがとうございます!

「溜まった感情はなかったことにならない」
ネガティブな感情は不要!という風潮があります。

なかったことにしよう!
という人もいます。

しかし、なかったことになりません。
脳科学的には扁桃体という所に溜まることがわかっています。

なかったことにするということは
脳に麻酔をするようなものです。

麻酔が切れた時にその感情は噴き出すでしょう。
外で綺麗に装っている人は
家庭で大変なことになってい

もっとみる
頑張ります☆
2

「感情の学校って怖くないですか?」
良く質問されるものに、こういったものがあります。

ご参加くださったかたの感想では
「全く怖くなかった」とか
「想像以上に楽だった」
と、言って下さいます。

感情の学校では、
どんな感情も大切なもので
あなた自身なのです。
とお伝えしています。

あなたの感情の裏には、
大切にしたい何かがあるはずです。
それを知るのが感情の学校です。

自分の思いを知るのに、

もっとみる
頑張ります☆
1

「感情の学校のお二人はどういう関係ですか?」
という質問を受けることがあります。

はい。夫婦です。
「なぜ名前がちがうのですか?」
ともよく聞かれます。

持って生まれた名前というのが誰にもあり、
それは潜在意識の中にしまいこまれているそうです。
この名前が正に一滴・陽妃(てるひ)だったのです。

名前を頂いた瞬間、
いちいち説明が必要な名前で
ショックだったことを覚えています。

今では覚えて

もっとみる
嬉しいです(๑˃̵ᴗ˂̵)

ベストセラー作家が語った言葉があります。
本を作るときに、書体、フォント、紙質まで考えている
著者が少ないと。
結局それは読者のことを考えていないというのです。

さて自分の仕事ではどこまで相手のことを
考えているでしょうか?

かなり怪しいな、という気分になりました。
自分が良かれと思ってやっていることは
たくさんあります。
しかし、それが本当に相手の為になっているかどうかは
確認しないとわかり

もっとみる
嬉しいです(๑˃̵ᴗ˂̵)
2

「なんでも楽しむセンスが大事」

起業したり実業をしっかり回している友人から
学んだことがあります。

それは「なんでも楽しむ」ということ。
デジタル時計がゾロ目な時に喜び
銭湯のワイン風呂にテンションUP。
怪しいヒーリングセッションに
感心したりもします。

そこに根拠や理屈はいらないのです。
ただ楽しむ。

私も随分楽しめるようになりました。
日々の生活で楽しい瞬間が増えて行く。
それだけで

もっとみる
頑張ります☆
2

ネガティブな感情が発生した時、
あなたはどう、表現しますか?
またはしませんか?

一つは、
つい本音を言わないようにするのではないでしょうか。
空気を壊さないように
嫌われないように言葉を飲み込むバージョン。

もう一つは
ついつい「お前のせいで○○○だぞ」と
強く言いたくなってしまうバージョン。

そのどちらも
感情の学校的にはダメです。
なぜならどちらも本当の感情でないからです。

より自分

もっとみる
ありがとうございます!
1