感情の学校

1
ノート

「誰も逃れられない原則と感情」

もしあなたが自信過剰なひとで自分が鋼鉄の体を持っていると信じていたとしよう。「今からそれを証明してみせるね」といって10階の高さから飛び降りたらその人はどうなるだろうか。10階というと、少し高すぎただろうか。相当痛い思いをするだろう。

信じていようといまいと、全ての人に当てはまることある。
それが「原則」だ。

古今東西、老若男女、1000年前も、1000年後も恐らく変わらない。
そして原則から

もっとみる