感情の学校

8
ノート

【自分のことを知っている人がいいですね】

あなたを含めた大勢で撮った写真があるとします。その写真を見る時、最初に何を見ますか?まず、自分を探す人でしょう。このことは、人は常に自分を探している、と言えるのではないかと思っています。例えば、食べ物の好みが一緒だったり、趣味が一緒だったりすると安心するのは、そこに自分を見るからでしょう。

他人の中に自分を見つけ、そして安心するのです。自分の正しさを確認するのかもしれません。「自分を知る」という

もっとみる

「嫌な人に対してどうすればいいんですか?」

怒ることができないばかりに
理不尽な思いをしたり
馬鹿にされたりする人がいます。

Aさんもそのひとり。
平和主義者のAさんは人を悪く言うことができません。
理不尽な思いをしても
自分の意見を我慢して言わないようにしてしまうのです。

我慢が祟って
彼は自分の情熱とアクセスすることができないでいました。
また、小馬鹿にされることも多く
犠牲の人生を生きてきました。

小突かれても、馬鹿にされても、

もっとみる

日常的に感じている感情が、
人生のノリを作っています。

恐れを感じている人は
怖がりで慎重であったり
ワクワクしている人は次々と挑戦をしたりします。
鬱々としている人は
人間関係やチャンスを逃しているかもしれません。

ベースの感情を見ていくと
自分の人生を見直す時に
いいヒントになりますよ。


感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアしてみた! 
あな

もっとみる

感情を綺麗に処理してしまうと
あなたが誰か、わからなくなります。

感情はあなたの大切にしたいものを
指し示すからです。

感情を消したり麻酔をかけてしまうと
あなたが何者か、わからなくなります。
また、自分が誰かもわからなくなります。

感情を感じること、
感情をシェアすることは
あなたが誰なのかを知るためにとても大切です。


感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシ

もっとみる

人が二人、一緒に暮らしていたり
共に何かをしようとするとき、
ふたりの間の境界線を健全に保つことが必要になります。

つい相手にかかわりすぎてしまうことを、ここでは
境界線を犯す、と表現しますが
やり過ぎてしまうと相手の力を奪うことになります。

ある場合はわざと奪いに行ってしまうこともあります。
それをやっていると、
自分の本当の仕事ややりたいことに着手できません。
結局はお互いにとって良くない

もっとみる

自尊心、自分を大切に思う心。
辞書で引くとself-respectと表示されます。

自分で自分を大切に思う心があったら
感情は安定していて、器の大きな人物になると思います。

その人は、自分の良いところもそうでないところも
よくわかっているひとなのではないでしょうか。

やっぱり「自分を知ることが大切」と伝えたい。
大きな人物になっていきたいものです。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃

もっとみる

時代はAIの台頭をもって私たちの生活は否応なしに変わります。
AIを根底から支える基幹技術はセンサーと言われます。
では人間を人間たらしめ、その活動を根底から支える”センサーに変わるもの"はなんでしょうか?
それは感情だと伝えたい。

感情をガイドにすることが、自分を知ることであり、自分を知ることこそこの困難な時代を生き抜く鍵だと思います。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行ってい

もっとみる

「コツコツやる、が出来ないんです」

この質問が来た時に「そんな難しいこと聞かないでください」と思いました。なぜならそれは僕自身でもあったからです! その時はコツコツ出来る人を羨望の眼差しで見ていたものです。その妬みも、今はだいぶ落ち着きましたが。その経験を通して、今理解していることをざっくり書いてみました。

 

「毎日淡々とやる」「コツコツやる」「ひたすらやる」
いろんな言葉がありますが、そのどれもが一般的に良いことのように言わ

もっとみる
8