感情の学校

1
ノート

自分の感情ではないものを、自分のものとして感じてしまうことがあります。そうすると、いつの間にか自分の希望しない方向に事態が進んでしまう、なんてことにもなりかねません。
自分の中心を見つけることが大切です。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアしてみた! 
あなたは今、どんな感情ですか?