感情の学校

1
ノート

"感情のシェアができる家族"と書きながら「そんなことできる家族、いないよ」という思いと、「これができたらすごいことになる。社会が変わる、世界が変わる」という興奮を覚えます。
とんでもないビジョンを見てしまったな。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアしてみた! 
あなたは今、どんな感情ですか?

3