感情の学校

1
ノート

僕のところに来てくださる方の名言の一つに「自分のこころを粗末に扱っていたことに気付きました」というのがある。
周りの空気感によって自分を曲げてしまうのだという。「事を荒立てるより自分が我慢すればいいよね」というのは文化的背景もあるかもしれない。それでもあえて言おう。
自分のこころを大切に扱うことが大切、と伝えたい

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアし

もっとみる