感情の学校

1
ノート

完璧に見えるようなひと、成果の凄いひとがいる。彼らは何でも知っているように見えるし、失敗しないように見える。しかし、どうやらそんなことはなさそうだ。

わからなくても、不完全でも、やってみることが大切。ということを伝えたい。
不安は感じるもの、失敗もつきもの。充実して面白い人生にはどうしたって不可欠。この不完全さと共に歩んでいこう。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情

もっとみる