感情の学校

1
ノート

グループや組織、社会にの中で起きていることに対し何となくスルーしてしまうことは沢山あります。
でも「おかしいな」と思ったことはちゃんと声に出したほうが社会にとってもグループにとっても長期的には良くなります。
「違和感を大切にしよう」と伝えたい。
違和感を伝えることも、受け入れることもどちらもリーダーシップなのです。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェア

もっとみる