感情の学校

1
ノート

感情を感じると、どんないいことがあるのか。
ネガガティブな言葉は禁句、助けてもらうなんて禁止だったという方も、それを変えたら楽になった、応援がやってきた。家族と関係が良くなったという声を頂いています
自由に感情を感じられると人間的な幅が広がると伝えたい。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアしてみた! 
あなたは今、どんな感情ですか?

感情の学校UR

もっとみる