感情の学校

2
ノート

森の木が倒れた時、音がしているか?
という問いに対して
聞いているひとがいなかったら、音はしていないと同じ
という話があります。

私たちは
自分の声を聞いてもらっているでしょうか。
自分の本当の姿を見てもらっているでしょうか?

自分の声とは、本心のことです。
本当の姿とは、愛想笑いや煙に巻くことを
やめたときの姿です。

改めて考えてみると
実は分厚い衣をかぶっていたりしないでしょうか?

もっとみる

AIの台頭で今の仕事の半分は無くなっていくと言われています。
そんな時に大切にしたいのは、自分が誰かということ。
自分を知ることが大切になると伝えたい

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアしてみた! 
あなたは今、どんな感情ですか?

感情の学校URLはこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/xl86q