感情の学校

1
ノート

自然体でいるということは、誰に対しても自分のあり方が変わらないということを言います。このあり方を対等性といいます。これができると自分らしさを活かし、相手を尊重することができます。逆に相手によって態度が変わるということは、自分がどう見られるかに意識が向いている状態。その分だけ自分の本来の力が削がれてしまいます。
対等性を身につけて、誰といても自然体で居られるようになりたいものです。
自然体でいられる

もっとみる