感情の学校

2
ノート

いつもの自分、自分のあり方というのがあります。
誰もが人生をかけて磨き上げてきたそれです。

デキる風に振る舞う
出来ないひとを演じる
無口でいる
お笑いに走る etc..

その完璧に仕上げてきたはずのそれも
ある側面では人生を制限したりします。
そしてそれが苦しかったりもします。

そのパターンを崩してみるのも面白いと伝えたい。
他のタイプのひとのことがわかったり
自分の人間の幅も広がりますよ

もっとみる

ひとには一定の行動パターンがあります。
そのパターンは、人の経験とタイプによってほぼ無意識に決まっています。本人にとっては機能しているために演じられているパターンですが、すべてにおいて有効ということではありません。そんな時、意図的にパターンブレイクすると効果的。
自分のパターンを変えることも大切と伝えたい。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアしてみた

もっとみる