感情の学校

1
ノート

自分を知る、ということは自分の人生を生きるときに外せないテーマです。
しかしどんなに優秀な人でも、自分のことはよくわからないものです。自分がどう見えるのかに興味を持ちましょう。フィードバックをもらうことも大切と伝えたい。
ちなみにひとからの意見を、採用するかどうかの選択肢はあなたに決定権があります。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアしてみた! 

もっとみる