感情の学校

1
ノート

ひとは無意識のうちに競争をしています。
年収、肩書き、ファッションセンス、
髪の量、背の高さetc..
ひとと同じではいたくない、
というのは自然な感覚です。

でも無意識で競争していると、
知らず知らず卑屈になったり傲慢になったり
してしまいます。
これは人間関係においてとても損なことです。

どんな項目で競争しているのか気づいていきたいものです。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎

もっとみる