感情の学校

1
記事

つい遠慮してしまう。
強気になることがある。

誰でもどちらか(またはどちらも)
経験があると思います。
しかし、このどちらも
本当のあなたではありません。

本当と違う自分を演じていると
疲れたり、理解してもらえなかったりします。

本当の自分を知ること。
自分の思いや、才能を
自分で理解することが大切と伝えたい。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェ

もっとみる
頑張ります☆