感情の学校

1
記事

ひとと違ってそれでいい。

ひとが二人以上いたら、摩擦は起きるものです。
完全に同じ感覚を持つひとはいないからです。

多くのひとが違いを隠し、通り一遍の和を優先するため
日常的に違いを認識することは少ないかもしれません。

違いを隠し続けると、自分の大切な部分が少しずつ
蝕まれてゆきます。

違いは知っていた方がいいのです。

家族など、大切な人間関係の中で
または仕事など大切な一場面では

もっとみる
嬉しいです(๑˃̵ᴗ˂̵)
2