感情の学校

1
ノート

人が二人、一緒に暮らしていたり
共に何かをしようとするとき、
ふたりの間の境界線を健全に保つことが必要になります。

自分が我慢すればいい、と思い
遠慮がちに振る舞うタイプの人がいます。

つい黙ってしまう。身を差し出してしまう。
つい犠牲を演じてしまうくせのあるひとは
No Thank you. というトレーニングが必要です。

犠牲を振る舞う必要はありません。
このタイプの人は、
あなたがひと

もっとみる