感情の学校

1
ノート

自分のことはなかなか認められないものです。
自分は行けてない。
自分はまちがっている。

その思い込みは人生に影響します。
その思い込みは本当でしょうか。

ぜひまわりのひとに聞いてみましょう。
個人的な思い込みかもしれません。

それを信じているのは自分だけかもしれません。
誰が、どれだけネガティブなものを信じているのか
ぜひ検証してみましょう。


感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎

もっとみる