感情の学校

1
ノート

人生、楽しいことばかりじゃない。
でもダメなことばかりでもない。

そんな人生を少しでも楽しくする。
それが「ゲームのように楽しむ」です。

タリーズを日本で展開した松田公太氏は
かつて銀行員だった時、
ATMへの紙幣の補充をどれだけ早くできるか
ゲームのように楽しんだと言っています。

私の日々の収録もゲームみたいなものです。
大変なこともあります。
でもどこまで継続できるか?ゲームです。

もっとみる