感情の学校

1
ノート

「周囲の出来事は自分が作っている」
あいつのせいで、と思うことがあります。
そう思っているときは、とても真実味があります。
でもこの言葉は、実は自分を完全に無力にさせます。

相手のせいにしてしまうことは
自分の責任を手放すことで
「私は何もできません」ということになるのです。

幼少期は、そういう時期があるでしょう。
事の善し悪しもわからず、
無力で、目の前のことが世界の全てである時期があります

もっとみる