感情の学校

2
ノート

「感情は命そのものです」

いささか極論であるかもしれません。
それでもあえて言いましょう。

「感情は命である」

何故こう思うのかといいうと、
感情が抑圧された状態に長く付け込まれると、うつやコミュニケーション障害などを引き起こしたり、セルフイメージを著しく低下させて社会活動に支障を来したりするのを見るからです。

またこんな経験もあります。
僕が看護師をしていた時、脳梗塞でほとんどコミュニケーションが取れなくなった高齢

もっとみる

感情の話になるとつい話すぎてしまう。
感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」をシェアしてみた! 
あなたは今、どんな感情ですか?