感情の学校

1
ノート

「好奇心の衝動」

「好奇心の衝動」
私は勉強が嫌いで逃げ回っている子どもでした。学力テストと名の付くものにいい思い出は全くありません。あまり外で遊ぶ方でもなく、部屋で雑誌を読んでいることが多かったです。子供の頃に読んでいたのは電子工作やラジコンなどものづくりに関するものでした。不思議な機械の写真を見るだけで楽しかったのです

雑誌の中に自分でも作れそうなものを見つけると、秋葉原に部品を買いに行って工作に挑みました。

もっとみる