感情の学校

1
ノート

「助けを求めてはいけない?」

どうせ助けてもらえることなんてない。
はい。そう思っていました。

過酷な環境や、状況に長く居続けたりすると「自分でなんとかするしかない」という姿勢が染み付くものです。

孤軍奮闘、そしてだんだん犠牲感や疲労感が溜まってきます。
そうすると、イライラが募ってきます。周囲のひとにイライラを撒き散らすようになります。周りのひとが遠ざかるのでさらに孤独な状態が増します。
最後は、限界がやってきます。。

もっとみる