感情の学校

1
ノート

「センターに向かう人間関係の極意」
意見が対立すると、自分の正当性を主張したくなります。でもお互い頑なに正当性を主張しては、解決を見ることはありません。
その正当性の裏に隠れている本当の思いはなんでしょうか。面白いことに、本人すら実はわかっていなかったりします。
そんな深層心理を自分でわかるようになるのが大事と伝えたい。

感情の学校の細川一滴と、副担任の天乃陽妃が毎朝行っている「感情のシェア」を

もっとみる