感情の学校

1
ノート

【勉強させられて、本当に苦しかった】

来る日も来る日も、勉強、塾、勉強、塾。友達と遊ぶことも出来ず、ずっと勉強していました。親がやれというから、勉強し、当時は仕方のないことなんだと受け入れていました。でもお思い返せば本当は遊びたかった。友人と過ごしたかった。そう言って涙する方がいます。

私の知る一日ひと組のレストランを経営しているシェフも似たようなことを言っています。「来る日も来る日も、大根を桂むきした。友達が遊んでいる時に、僕は練

もっとみる