見出し画像

自分の物語を生きるのに一生懸命で。 P52.

 ここ最近になって特に思う。ぼくは今日を、今この瞬間を、生きることに集中している。過去や未来のことを考えている時間が減った。というか、そんなヒマがない。だから、気がついたら一日が終わっている、けれども同時に、その瞬間が永遠のように味わってもいるという、不思議の国に迷い込んだような、じつに変な気分だ。

 朝から本田健さんのオフィスに行って打ち合わせを行ったあと、累計400万部を超える大ベストセラー『チーズはどこで消えた?』をプロデュースした、扶桑社の編集長、出版事業部長を歴任した平田静子さんとのプライベート収録にご招待いただき、さらにランチをご一緒させていただいた。

 頭がクラクラするほどすごい方々とのお仕事の数々がサラリと、なんでもないことのように淡々と出てくる出てくる。異次元すぎるそのご経歴を聞いているだけで、自分自身の仕事や人生の基準が深いところから、(さらにすごいのが)びっくりするほど軽やかに引き上げられるのです。あらためて、一流の方のお話を聞くことのパワフルさを体感することができました。健さん、平田さん、そして健さんのオフィスのみなさん、ありがとうございました。

(今回の音声は、本田健さんのオンラインサロンで聞けるようになるはずです。気になった方はぜひ詳細を覗いてみてください)

 そこからも、これまた素晴らしい方のコンサルティングを経て、夜に予定していた久しぶりの妻と娘3人のディナーまでの時間カフェに駆け込んで、明日の音声収録のための構成原稿に励む。そこからふたりと合流するまでの帰宅ラッシュの山手線のなかでこれを書いている。

 これは、『ヴェヴァラサナ王国』という本(のようなもの)をご購読いただいている方だけが読めるようになっています。2,000円の買い切りで、過去の note 読み放題、ここでしか読めないコンテンツもどんどん追加予定です。

この続きをみるには

この続き: 623文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
まいにちの note をすべて読めます。ここだけでしか読めない原稿もあります。

読むだけで、あなたの人生が動き出します。これは、わたしとあなたの物語の本です。ぼくの人生とあなたの人生がリンクして、魔法のような人生物語が…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

大丈夫。なるようになるさ。
95
物書き、コンテンツプロデューサー。フランス移住を一時断念し帰国。あなたの人生が動き出す本『ヴェヴァラサナ王国』を1日1ページ更新中。ツイッターも。https://twitter.com/hiroomisueyoshi
コメント (3)
末吉さんの記事は、不思議な元気与えてくれます。記事を読んでいるだけなのに、もう、つながっているように、感じてしまうくらい✨

ぼくも、オリジナルストーリーを、すこしずつ歩んでいます。
いろんな時期があっても、人生って、自分って捨てたもんじゃない。そんなふうに、最近感じています^^
共に自分だけの物語を歩もうぞ〜^ ^
はじめまして。生意気なこと言うようですけど、とても、こう、なんて言うのか質のいいというか、正確で的確な文章ですてきです。かわった人生だから、面白いだのそんなのありませんよねー。表通りという言葉があるなら、裏通りは当然あるわけだ。これ私の持論ですw。どうであろうといいのですよね。私熱いですけどww。ガキ自慢は決して良くないと思うから、反省しつつほんとにガキっぽいです。ただ、良い小説を書き、また読んでくれている人の、少しの憩い?になれればなーとは常々。ありがとう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。