見出し画像

好きなことを、思いっきりやろう!

 どこを切り取っても、書きたいことが溢れてくる、そんな週末を過ごしていました。先週の木曜日、金曜日が遥かむかしのことのように感じられます。こういうときに、時間というものは均一には流れていないことを実感します。

 しかし、この二日間のことを言葉にまとめてしまうと、たったの13文字で書きあらわすことができてしまう。

 小説の公開とイベントの開催

 まぁ、だから何というわけではないのですが、誰かが言った言葉、書いた言葉の裏には、ものすごーーーい量の経験や言葉や気持ちが動いていたという奇跡に心を打たれています。東京メトロ南北線の電車に乗って溜池山王駅を通り過ぎながら。

 さて、土曜日は「#あの夏に乾杯」というコンテストに『クーラー』という短編小説を応募しました。

 人に振り回されていたり、ちょっと人生に疲れた人の心があたたまるきっかけになれればと、、、そんな作品になりました。ぜひ読んでいただけたらうれしいです。そして、スキや感想をもらえると尚うれしいです( ^ω^ )

 それから日曜日。コンテンツビジネススクール初プレセミナー。それまでにも準備はしていたとはいえ、土曜日のよる〜日曜日のあさは、そうとう煮詰めて考えすぎて、アイスクリームのように耳から脳みそが溶けだすかと思いました。クーラーを効かせ、アイスコーヒーを飲んで、なんとかしのぎましたが。

 本番は、こんな感じ。たのしかったです! note で僕の文章だけを読んでくださっていて参加してくださった方の声。「思ってたのと違った」あ、言葉遣いはもっと丁寧でしたが、要約するとそんな感じ(笑)。きっといい意味で、でありますようにといまも祈っています。

 その理由が、こんなにも熱い人だと思いませんでした、と。そうですよね、 note ではどちらかというと、しっとりめでやさしいテイスト(?)ですからね。もちろんそれも嘘ではないですけれど、(偽りながら丸2年以上まいにちは書けませんよね)人生をとことんおもしろくしあわせに生きていこうよ、と熱い部分もあるんですよ。そういう部分を特にしゃべりでは出していけたらなぁ、なんて思ったりしています。タイミングの合うときに、リアルのイベントにも来てみてくださいね^ ^

 プレセミナーから30分後、妻とふたりで主催するパーティー開始です。あとから考えるとこれ、ヤバいスケジュールですね。でも、やり切りました。というか、こちらも盛り上がりました。個人情報なので書けないですが、おもしろい背景を持った人が集まりすぎ、、、(笑)これは全員、お互いがお互いに、いい刺激になったんじゃないかな〜と思っています。

 パーティーの主催って、決してラクではありません。だけれどやっぱり、やってよかったです。安心していろんなことを話せたり、でもそれによって人生がちょっぴりでも動き出したり、そしてそして、もしかしたらですが、この場所で生涯の友ができたり、ゆくゆくは恋が実ったりしたら、、、うわぁ、ドキドキするけど、ワクワクするやん。という感じで、テンションが上がってきて変な関西弁になってしまいました。

 でも、別に狙ってはいませんが、そんなステキな予感も感じつつ、これからもときどきパーティーとかもやりたいなと思います。でも、これ、僕が自分の手柄のようにシャーシャーと書いていますが、妻がいなければ成り立ちませんでした。そしてやっぱり、妻の手料理はみんなから人気! 個人的にはデトックスフードであり、パワーフードだと思っています。これもたくさんの人に味わってほしいな✨

 ということで、文章も盛りだくさんになってしまいましたが、この二日間をきっかけに、僕の深いところで何かしらの変化が起こった気がします。スイッチがパチッと切り替わったような。そのワクワク感を胸いっぱいにふくらませて、また毎日を穏やかに、ときに大胆に、過ごしてゆこうと思います。

✳︎ ✳︎ ✳︎

 きょうも読みにきてくださって、ありがとうございます。こうして毎日 note を読んでくださっているみなさんも、つながってくれてありがとうございます。あなたの人生が穏やかで、ワクワクに満ちたものになりますように💐

 リアルなイベントはこちらのメールマガジンでお知らせする場合が多いです。もちろん無料で、簡単に解除もできるので、気軽に登録してみてくださいね( ^ω^ ) 

 こんな日にはご褒美の、大好きなチャーハン! 自分を甘やかせて、ラーメンまで頼んでしまいました。最高!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

正直がいちばん。
125
物書き、編集者。年内フォロワー1万人を目指してます。応援よろしくお願いします。小説集『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が掲載。ツイッター:https://twitter.com/hiroomisueyoshi
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。