見出し画像

たとえば、この世界のやさしさを知ることを目標にしてみたら? P009.

 この世界は、なんてやさしいんだろう、そう思う機会が増えた。思えば年々その感覚は強くなっている気がする。いまぼくは乃木坂にある友人夫婦の事務所から品川のホテルに向かうバスのなかでこれを書いている。

 それぞれに素晴らしい人柄や才能を持つ仲間が5人も集まってくれて、午後をまるまる使ってぼくたちの結婚パーティーの打ち合わせをしていたのだ。みんな忙しいのにも関わらず、である。

 これは、『ヴェヴァラサナ王国』という本(のようなもの)をご購読いただいている方だけが読めるようになっています。2,000円の買い切りで、過去の note 読み放題、ここでしか読めないコンテンツもどんどん追加予定です。

この続きをみるには

この続き:1,427文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
まいにちの note をすべて読めます。ここだけでしか読めない原稿もあります。

読むだけで、あなたの人生が動き出します。これは、わたしとあなたの物語の本です。ぼくの人生とあなたの人生がリンクして、人生物語が動き出します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

( ´ ▽ ` )ノ
106
物書きや編集者もやっている、偶然の風に吹かれて生きる旅人。同人誌『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が収録されています。フォロワー1万人を目指していて、あと119人です。ツイッターもやってます。https://twitter.com/hiroomisueyoshi

コメント7件

末吉さんの記事を読むと、ほっこりした気持ちになれます。やさしさを受け取りました。
メルシーさんがやさしさを受け取ってくれたことで、この世界にちょっぴりやさしさが増えたんじゃないかな😊
増えてると嬉しいです。ペイフォワードいたします。
末吉さんの文章は
いつも優しいですね♪

読んでると、
遠赤外線に当たってるみたいに
ほっこりします(^-^)

note本!楽しみにしていますね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。