人生が不思議と加速しはじめるときとは?

 今夜は小説家の吉本ばななさんのトークライブに行ってきます。そこでこの本(『「違うこと」をしないこと(角川書店)』)をカバンに忍ばせて、電車移動中や仕事と仕事の合間などに読み返している最中です。温かく優しいエネルギーに包まれながらも、芯にあるメッセージは愛情からくる厳しさのある本。ほんとうにおすすめです。きっとお守りみたいな本になるんじゃないかな。

 僕はいま、勝手に「ひとり働き方改革」を行っている最中でして。そこには、ふたつの軸があります。ひとつめは、「編集・プロデューサーから創作・作家」へ。ふたつめは、「一対一から一対多」へ。特にここ最近は、後者の改革がひとつの山場を迎えようとしています。具体的には、コンテンツビジネススクールという学校の立ち上げ、です。来週あたりから入学説明会的なプレセミナーのお知らせ開始にあたり、チームメンバーと打ち合わせを重ねています。(学校の詳細情報は、メールマガジンでのみお届けしています。ご興味のある方は、 こちら からご登録くださいね)

 と、学校のお知らせをしたかったわけではありません。そうそう「働き方改革」について、でした。働き方改革を実現するには、ばななさんの本のテーマ「違うことをしないこと」が鍵になるというお話です。これまで12年間、コンサルティングや編集やプロデュースなど、人のサポート業を行ってきました。それも、基本的には一対一で、個別個別にクライアントや著者と関わってきたのです。

 しかしある頃から、なんとなく、ホントになんとなくですが、「あれ? もうこれ、違うかも……」と違和感を感じるようになりました。しかし、心配性な僕は、「よっしゃ!」という具合に、バサーッと一対一の仕事をやめてしまうという決断はできませんでした。モヤモヤとそんなことを考えながら、どのくらいの時間が経ったのでしょう。

 その違和感に耐えられなくなったというより、いよいよ「一対多」の学校を本格的に準備するぞ、という頃のことです。コンサルティングを提供していたクライアントさん数名から、「このあたりで契約を終了に……」と言われたのです。

 なんてすごい引き寄せの達人!

 そういえば。お金の不安が強くて、同時並行でやればいいんだ、と思っていたときは進みが遅かったです。しかし、「違うこと(=一対一)」をしないようにすると、人生の展開スピードがグンと上がりました。

 さて、あなたの「違うこと」は何でしょうか? そしてそして、それをしないようにしてみませんか?

 一緒に、がんばりましょう^ ^

✳︎ ✳︎ ✳︎

 きょうも読みにきてくださって、ありがとうございます。違うことをしないようにすると感情的にキツくなることがありますが、長期的にはどんどん人生がスムーズに流れるようになるんですよね😊

 コンテンツビジネススクールは、学校に入る入らないは関係なく、みなさんのお役に立つおたのしみ情報をメールマガジンでお届けしています。無料ですのでぜひ登録しておいてください(*^^*)

 ちなみに明日8/11よる8時には、「自分の本を出版するためのたったひとつの質問」を音声でお届けしますね。

★ 登録は こちら より!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいニャー。
142

末吉 宏臣

物書き、編集者。小説集『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が掲載されています。年中無休まいにち夜の7時に小文を公開しています。いまより本気で人生と向き合うメルマガを月額400円で配信中です。ツイッターも:https://twitter.com/hiroomisueyoshi

コメント2件

読んでいてしっくりくる末吉さんのnoteはいつもわたしを柔らかくしてくれます。違うことをしない、いいですね。
woomさん、ほんとうに励みになります。ありがとうございます😌
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。