見出し画像

しあわせ体質のつくり方。

 僕たちは、あんがい簡単に happy になれるものです。自戒の念をこめて、「しあわせ」という言葉をむずかしく考えすぎている気がします。たとえば、いまぼくの iPhone X の待ち受け画面はこんなふうです。

画像1


シン……


 スマホをひらいた瞬間、つかの間の静寂に包まれます。なんとも言えない心地よさです。

 ふだんから僕たちは、やるべき仕事や家事・育児、お金や人間関係の心配などに追い立てられています。頭や心が休まる時間なんてほとんどありません。スマホをひらいても、自分や他人のSNSをチェックしたり、ゲームの世界があなたを待っていたり、仕事のメールやメッセージを返したり、、、なんなら、それらが気になって仕方なくなり、やたらとスマホをひらいたり、、、という始末。

 みなさんがどうかはともかく、僕自身はそんな感じでした。それが嫌で2年ほど前から、スマホにピコンと現れる、メッセージが届きましたお知らせ表示を消すようにしたのです。それまでに比べると、ずいぶん頭や心の落ち着きを取り戻せました。いまそれ以前の状態に戻れと言われるとゾッとしますね。。。

 そのうえで、今回。本屋さんでふと『時間術大全』を立ち読みしたとき、ホーム画面からアプリを一掃するという方法がおすすめされていました。僕はその場で本を閉じ、人の邪魔にならないところに移動して、スマホのホーム画面からアプリを無くしてしまいました。(となりの画面にスライドさせると、使う必要のあるアプリをまとめて、それでも一列4つに絞って置いてあります)あ、『時間術大全』めっちゃおすすめです。

 変更してから頭や心のゴミがちょっぴり減った気がして、なかなか快適に過ごしています。たとえばこんなふうに、ものの1分足らずで簡単に happy になることってできるんですよね。

 ということで、今回の「末吉さんの文章喫茶店のようなところ」では、簡単にしあわせを感じられる人、言い換えると happy 体質になるヒントについて書いていきます。

この続きをみるには

この続き:1,625文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
ふぅ〜っと心が落ち着く、静かな情熱がわいてくる、ちょっぴり運がよくなる、みたいな効能があればいいな。日曜日と水曜日、週2回丁寧に淹れたコーヒーをお出しするように記事をお届けします。

自分らしく働きたい、暮らしたい人のためのマガジンです。この生きづらい世の中のお守りみたいな存在になれれば。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいニャー。
106
物書き、編集者。小説集『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が掲載。年内フォロワー1万人を目指してます。応援よろしくお願いします。ツイッター:https://twitter.com/hiroomisueyoshi
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。