見出し画像

娘と亡き父と、見上げた空。

 きょうはいい天気だ。太陽がまぶしい。街路樹はやわらかく輝いている。マンションのベランダから見える人通りが心なしか多く感じる。暖かい太陽の光に誘われて、かな。あ。そっか、きょうは祝日なんだ。ぼくは平和な気持ちで洗濯物を干していた。

 ちっちゃなパジャマや布オムツを干していたら、娘がリビングの向こうからずりずりとこちらに向かってくる。途中の障害物を乗り越えてくる姿はとっても勇敢に見えた。そばまでやって来ると、洗濯カゴからハンガーを取り出して、上目遣いにぼくを見上げて、はい、と手を伸ばしてくる。彼女のちいさな手からハンガーを受け取った。

 洗濯物を干す手が止まった。そのままかがんで、娘の頭をなでる。「すごいね。ありがとう」わかっているのかいないのか、でもちょっぴり誇らしげ。目に涙が浮かんできた。亡くなった父に、この彼女の姿を見せてあげたかったな、そんな思いで胸がいっぱいになったのだ。

 涙がこぼれないように、立ち上がって上を向いた。太陽の光がにじむ。強がりなんかじゃない。この気持ちはさびしさだけじゃない。だって、体がないからこそ、いまこの瞬間を余すことなく共有できるのだから。父がここにいる気がした。ぼくはもう一度かがんで、娘と一緒に空を見上げた。

✳︎ ✳︎ ✳︎

 きょうも読みにきてくださって、ありがとうございます。お昼前から夕方まで義父が所有するアパートの大掃除に行ってきました。きれいになるって、たのしい。

画像1

ご褒美のきれいな夕焼け

画像2

からの、ご褒美のアイス

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

レット・イット・ビー
123
物書きや編集者もやっている、偶然の風に吹かれて生きる旅人。同人誌『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が収録されています。ツイッターも。https://twitter.com/hiroomisueyoshi
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。