娘と神との対話?

 ぎっくり腰生活4日め。ずいぶんとよくなってきた気がします。特にお昼過ぎに、我が家では通称「いりこ」と呼ばれている特製の体によい液体を、妻から腰に塗りこんでもらってからというもの調子がいいです。近くの珈琲屋さんまでドリップバックを買いに行くこともできました。ホクホク。

 ぎっくり腰が辛いのは当たり前なのですが、そのおかげで味わえるしあわせというのもあるもので。この数日はいつもより娘とゴロゴロゴロゴロできています。娘とたくさん触れあえて、会話ができたことで新たな、、そして驚きの発見がありました。

 つい先日買ってきて床に置いていた文庫本『神との対話』に、うーんと背伸びして手を伸ばし、つかんで自分のもとへと引き寄せていたのです。僕は目を丸くして、「もしかして、こんなのに興味があるのー?」と言って、冗談半分で「はじめに」を読み聞かせてあげることにしました。

 忘れもしません。「誰でも、準備ができたとき真実へと導かれるからだ」というくだりを読んだ瞬間の、娘の力強い同意(のような)うなずきを。妻とふたりで感嘆の声をあげました。そのあとにもゆっくりとページをめくって見せてあげていると、真剣に見入ってうれしそうに声を出していました。絵本よりテンションが上がっているのを見て、子どもと接するときは常識の枠を外さなければなあ。

 今日も読みにきてくださって、ありがとうございました。『ブンガクフリマ 28ヨウ』こっそりと予約開始しています。文学フリマプロジェクトチームの動き、何気に早くて驚きます。表紙も電子書籍版オリジナル仕様でかっこいいです。

 予約して楽しい、実際に読めて楽しい、一粒で二度おいしい期間でのご購入をおすすめします。買ってくださいね〜!(読んだら感想もぜひ!)

 明日にはぎっくり腰なおるといいな。みなさんよい日曜日をお過ごしくださいませ^ ^

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

深呼吸、深呼吸〜。
86

末吉 宏臣

物書き、編集者。小説集『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が掲載されています。年中無休まいにち夜の7時に小文を公開しています。いまより本気で人生と向き合うメルマガを月額400円で配信中です。ツイッターも:https://twitter.com/hiroomisueyoshi
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。