見出し画像

言葉と現実がシンクロする世界で、ぼくは。 P027.

 これが、(ぼくのようなスタイルの) note を書く、醍醐味なのではないかと思う。そんな出来事が、昨夜起こった。それは、妻と義父が実家の大掃除をしていて、ぼくが娘にご飯をあげているときのこと。娘は大根を口にいれて、リスみたいに頬をふくらませていたときのことだった。

 コンテンツの学校を一緒に運営してもらっているゆうから、facebookにメッセージが入った。読むと、こんな内容だった。

2/23に予定している note のフォロワー1万人イベントまでに、コンテンツビジネススクールの案内ページを作りませんか?!
というか作らせてほしいんですけどもどうでしょうか?

 ぼくは、すぐさま返信した。

さいこうです! じつはぼくもお願いしたいと思っていました😆

 聞けば、断られたら凹むなぁと、送信するまでに1時間悩んだのだという。彼女が「声をあげる」か悩んでいるあいだ、ぼくはその日の note 「そりゃあ、凹むかもしれない。だけれど、思いっきり声をあげようぜ」をせっせと書いていたことになる。

言葉と現実がシンクロした、
そう思った。

 村上春樹さんは、村上龍さんとの対談本である『ウォーク・ドント・ラン』のなかで、こんなふうに書いている。

 ここからは、『ヴェヴァラサナ王国』という本(のようなもの)をご購読いただいている方だけが読めるようになっています。2,000円の買い切りで、過去の note 読み放題、ここでしか読めないコンテンツもどんどん追加予定です。

この続きをみるには

この続き:1,208文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
まいにちの note をすべて読めます。ここだけでしか読めない原稿もあります。

読むだけで、あなたの人生が動き出します。これは、わたしとあなたの物語の本です。ぼくの人生とあなたの人生がリンクして、人生物語が動き出します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

レット・イット・ビー
118
物書きや編集者もやっている、偶然の風に吹かれて生きる旅人。同人誌『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が収録されています。ツイッターも。https://twitter.com/hiroomisueyoshi

コメント2件

最後の一文最高ですね。自分の答えしばらく考えます!
こういうのを考えるのって、たのしいし、ホントにそうなっちゃったりなんかするからおもしろいんですよね✨
どんな魔法をかけたか、いつか教えてください〜😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。