2017年を上手に活かす5つの質問& My Answer。

2017年もあと一週間を切った。街にも一人ひとりの人にも独特の空気感が漂っている。師走の慌ただしさはもちろんある。あるのだけれど、それだけではない気がするのだ。なんだろうと、ちょっとだけ考えてみた。

古い年が終わりを迎え、新しい年がやってくる期待感

終わりは寂しいものであると同時に、次への入り口。
未知には、大なり小なり希望の要素が含まれている。

だから、ちょっぴり、ほんのり、ふんわり、ワクワク感が人を街を包んでいるんじゃないかなぁ〜と思った。

そんな「終わり」と「始まり」と狭間の年末に、古き2017年を振り返り、新しき2018年を築いていく上で考えておきたい5つのことについて、今回は書いていこう。(ちなみに、2015年末に長崎空港で考案した質問&文章をほぼそのままの形で記載する)

◉ 質問その1:今年一番、やってみてよかったことは?

まず最初は、これ。

「やってみてよかったことは?」

大なり、小なり、
「よし、これをやってみよう、始めてみよう」
と動き出したことがあると思います。

震えながら、一世一代の挑戦をした人。
何気なく、新しいことをスタートしてみた人。
いろいろでしょう。

それは・・・、
ビジネスやお金、恋愛やパートナーシップ、
両親との関係、趣味のこと、引越しをした
など、どんな分野でしたか?

今年、やってみたことを
思い出してみましょう。

きっと、それを境に、
プラス、マイナス
いろんな変化が起こっています。

その変化の積み重ねが、
人生を面白くします。

My Answer is…
表向きは、noteブログをはじめたこと。
でもホントはもちろん、奥さんと結婚したこと。

◉ 質問その2:今年一番、後悔していることは?

頭の中には、ぼんやり浮かんでいたのに、
やらなくて後悔したこと。
言わなくて後悔したこと。

きっと、ひとつやふたつは
あるのではないでしょうか。

「あれを始めておけばよかった」
「もっと、異性と出会う機会を作ればよかった」
「独立に向けてもう一歩踏み出せばよかった」

後悔は、エネルギーです。
そのエネルギーは、
ポジティブ、ネガティブ
どちらにも使うことができます。

後悔して、落ち込んでしまう。
反省して、前向きになる。

ぜひ、「じゃあ、来年はやろう」
と決めてみてください。

My Answer is…
物語を書けなかったこと。

◉ 質問3:今年一番、心に残っているコンテンツは?

ぼくのブログは、
コンテンツに関するものが多いので、
この質問は外せませんね。

コンテンツとは、
・本(ビジネス書でも小説でも何でもOK)
・セミナーやスクール
・映画やテレビ
・音楽
・ラジオ
などのことです。

どれでもOK。
パッと出てくるものを選んでください。

そして、
なぜ、その作品が心に残っているのか?
を考えてみてください。

その作品から、受け取ったものがわかります。

My Answer is…
『カラマーゾフの兄弟』かなぁ。
(ここは甲乙つけがたすぎるぞ…)

◉ 質問その4:今年一番、印象的だった出会いは?

今年出会った人たちの顔を
思い返してみてください。

冬に出会った人、新年度に入る春に会った人、
暑い夏につながった人、秋に出会った人、
それぞれの時期に、出会いがあったはずです。

親しい友人になった人、
ビジネスパートナーになった人、
恋人になった人もいるでしょう。

「人生は出会いで決まる」
という言葉もあるほど、
人間関係には大きな影響力があります。

どんな出会いが、
あなたの1年を彩りましたか?

My Answer is…
ホリエモンこと、堀江貴文さん。
『なぜ堀江貴文の本はすべてがベストセラーになるのか?』編集にて)

◉ 質問その5:今年一番、自分を褒めてあげたいことは?

最後は、これですね。

2017年、大変なこと、嫌なこと、
苦しかったり、悲しかったこと、
途方にくれるようなこと、
いろいろとあったかもしれません。

ただ、あなたはいま、ここにいます。
それらを乗り越えて、ここにいます。

だから、頑張ってきた自分を
母親やおばあちゃんのような視点で、
やさしく、見つめてあげてください。

実は、まだまだできていないと
自分に厳しくしてしまったり、
頑張ったことがなかったことのように
スルーされてしまっていたりと、
自分の頑張りを所有しない人が多くいます。

ぜひ、自分に対する労いの気持ちをもって、
この1年を振り返ってください。

My Answer is…
7/22から毎日noteを書いていることですかねぇ、やっぱり。

------------------------------------------------------------------
そんな2017年の感謝を込めて、今年ぼくが影響を受けた5冊をプレゼントする企画を実施中です。(12/27 11:00締め切り)

10冊中2冊を抽選でプレゼントいたします。応募してみようかなと思われる方は下記のフォームにお名前、メールアドレスを記入し、題名に「【note読者感謝企画】本のプレゼント希望」と書いていただきご応募くださいね。

◉ 応募フォームはこちら

有料マガジンのメンバーのみなさんには、10冊中6冊をプレゼントします。お手数ですが、こちらの記事からご応募ください。

「有料マガジン特別プレゼント企画を考えています。」

こんな本がラインナップです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今日も来てくれてありがとうございます。
74

末吉 宏臣

お気に入り3

noteで見つけたお気に入りについて。Part3

コメント8件

下北沢さん、いや〜、カラ兄いいですよね〜。また早めに読み直そうかと思うくらいです!
ひさつぐさん、いい家庭になってたらいいなぁとは思います^_^質問使っていただいて大丈夫ですよ〜!
ありがとうございます!使わせていただきますね!
末吉さんおはようございます!
今年中に!って思って書いたらすっごく長くなったけどめちゃくちゃ楽しく書けたのでご報告させていただきます!
素敵なお題をありがとうございましたー(*´ω`*)
覚えてたらまた来年もやってみたいですヽ(*´∀`)ノ
よいお年を~
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。