見出し画像

あなたが咲くべき場所で咲きなさい。

 いまではいい思い出だけれど、ぼくはある時期アルバイトをしていた。よくあるのは学生時代なんかだと思うけれど、この場合28歳のいい大人になってからだ。会社を辞めたはいいものの、当時こころざしていた本業では食べていけるだけのお金を稼ぐことはできず、夢破れたぼくはアルバイト生活を余儀なくされた。

 季節は秋から冬に向かうころで、日が沈みはじめる時間に仕事場へと向かう。夜勤だと時給がいいという理由でえらんだ。だんだん肌寒くなるにつれ、将来への不安はつのるばかりだった。はじめのころぼくは職場に着くとオレンジ色の制服に着替えて、せっせと牛肉を丼に盛りつける。来る日もくる日も同じ場所、同じ作業を繰り返すことに嫌気がさしはじめた。

 その日はそう遅くなくやってきた。バイトを辞めたのだ。次の働き先も決まらぬうちに逃げるようにして。次に見つけたのは、毎日都内近郊で募集されている日雇いの仕事をえらんでそこに派遣される形で働くバイトだった。結果的にこれは長くつづくこととなった。毎日いろんな場所に行って、違った種類の仕事をするのが性に合っていたようだ。

 ぼくは違うと思ったらやめていいと思う。自分が咲くべき場所はちゃんとどこかにあるから、その場所を見つけよう。もちろん全部違う違う違うと言いつづけたっていいけど、その責任は自分が取るしかないからご注意を、だけど。

 そういえば、この note だってそうだ。たぶん有名どころの blog サービスはほぼすべて使ってきたと思うけれど、やってみては肌に合わずにつづかなくって、、、。 note に運よく出会って、まだちっちゃいかもしれないけれど花を咲かせることができたと感じている。

 合わないところに無理していたって、あんまりいいことはない。だから、いろんなことを横から言ってくる人はいるかもしれないけれど、前を向いて逃げるのだって立派な選択だと、ぼくは思います。

✳︎ ✳︎ ✳︎

 きょうも読みにきてくださって、ありがとうございます。憧れもまた、あなたを縛りつけるものになりうるんですよね。むしろこっちのほうが怖かったりして、ね。

画像1

伊勢神宮の写真の写真

 そういえば、この note で書いているようなエッセイ風味の日記という表現方法にいたったのも、ある意味では逃げつづけてきた末のことなのかもしれないと思いました。ということで有料ですが、ノウハウ的なものを書けないなと感じている人へ向けたエッセイのすすめみたいなものです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

深呼吸、深呼吸〜。
232

末吉 宏臣

物書き、編集者。年内フォロワー1万人を目指してます。応援よろしくお願いします。小説集『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が掲載。自分らしく生きるためのメルマガを月額400円で配信中。ツイッター:https://twitter.com/hiroomisueyoshi

ありんこ撮影の写真を使ってくださったnote

ありんこが撮影した写真を、みんなのフォトギャラリーから引用してくださったクリエイターさんたちのnoteまとめ。 写真を使ってもらえて嬉しいです。 (随時追加してます。追加しそびれがあったらこっそり教えてください...)

コメント4件

「前を向いて逃げる」
素敵な表現ですね。
まさにそうだと思います。
いじめだってそう。

立ち向かうことだけが
答えではないと思うんです。

「逃げるが勝ち」
って言葉もありますしね☆
逃げる選択は、決して楽をしているわけではない。

自分という存在を認め、違う環境に身を置くことによって、また自分の可能性を信じて前に進めるよう自ら行動する。

常に変化し続ける者って、魅力的ですね。
境遇、心境の変化、表現にとても共感致しました!フォローさせていただきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。