有料マガジン配信をはじめるとき、大切にした3つのこと。

有料マガジン『プロデューサーの眼差し』をスタートさせて、もうすぐ1ヶ月が経とうとしている。じわじわと読者さんが増えてきているようだ。「いや、まだまだですよ」と謙遜することもあるが、心のなかではやっぱりうれしい。

なにがうれしいって、「どんなものになるかはわかりませんが、一生懸命につくります。変なものではありません。どうぞ読んでみてください」と送り出したものを「はい、わかりました」といって受け取ってくれる人がこの世の中にいる。このことが、静かな喜びを味わせてくれるのだ。

目に見えないコンテンツ(特に有料のもの)にかんしては、作り手と受け取り手の信頼関係が成否を分ける決め手となる。

今回はそんな有料マガジンをやってみてわかったことではなく、はじめるときに「あれやこれや」と思い煩い考え抜いた末に、「よし、これを守ることができれば、やっていけるだろう」と心に決めたことを書こうと思う。

いろいろとモヤモヤモンモンと考えていたことを整理すると3つあった。

この続きをみるには

この続き:2,051文字
記事を購入する

有料マガジン配信をはじめるとき、大切にした3つのこと。

末吉 宏臣

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

なんだかんだ、人生うまくいく!
34

末吉 宏臣

キミもnoteを使おう!

『note(ノート)』は文章・つぶやき・画像・動画・音声を無料または有料で投稿したり、投稿者に支援金(おひねり)を贈ったりできる、マネタイズ機能を装備したクリエイター応援型メディア。創作発表の主舞台や業務依頼のプラットフォームなど、その活用法は無限大。仕事仲間はもちろん、お...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。