見出し画像

インスピレーションに導かれる生き方。

 近鉄線特急列車に乗っている。目の前には妻と娘。もうずいぶんと上手にお座りができるようになった娘は、車窓を流れ去る景色を不思議そうに眺めている。すぐに飽きて、おサルさんと木のおもちゃを振りまわして遊びはじめた。

 きょうから一泊二日でこちらへ。

画像1

 妻もぼくも(もちろん娘も)はじめての、伊勢神宮参拝。あさは予定よりも出発が遅れて、ケンカからの波瀾万丈なスタート。先行き不安。ふたりとも感情的な乱れがハンパではありませんでしたが、これにも何か意味があるのでしょうか。

 というのも、この旅。行くと決まったのは、きのうの夜のこと。妻に降ってきたインスピレーションにより、急きょ出発を決めました。この3、4年くらい「行きたいね、行きたいね」と再さん言いながらもけっきょくは行かずじまい。それがこのタイミングでダムが決壊したように、ドドドドドと動きだしたというわけなのです。

 ぼくの頭では理解できない大切な何かが、そこに、この2日間に、ある気がするのです。

 きのうのほぼ日手帳をえらんだお話にも通じるものがある気がしますが、最近ことにインスピレーションベースの動きが増えてきました。「あ、こうしたいなぁ」、「なんかこうしたほうがよさそう」という直感みたいなものにしたがって、それを軽やかに行動に移す感じです。

 だからどーってこともないのですが、ふつうにたのしいし、不思議な安心感に包まれている感じなんですよね。昔のように、あれをして、これをしてときっちり計画を立てて動き、こんな思いつきを行動に移すなんて以ての外、という生き方をしていたときよりも、どこに行くかはわからないけど、すーっと運ばれるに任せるみたいな。そしてあんがい、なんだかんだ大丈夫なんですよね。

 ということで、最高においしそうなうどんを食べて、外宮(げくう)から内宮(ないくう)という順番に、まっさらな気持ちで参拝してまいります。さて、どんな時間になるのやら。では、また明日。

✳︎ ✳︎ ✳︎

 きょうも読みにきてくださって、ありがとうございます。伊勢神宮特集の雑誌も、品川駅で偶然見かけて買いました。心をひらいていたら、自分たちに必要なメッセージって至るところにあるのかもしれませんね。

画像3

 トロトロにとけるように柔らかい麺にたまり醤油がからんで最っ高!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

深呼吸、深呼吸〜。
105
物書きや編集者もやっている、偶然の風に吹かれて生きる旅人。同人誌『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が収録されています。ツイッターも。https://twitter.com/hiroomisueyoshi
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。