見出し画像

しあわせで居る、という仕事。 P042.

 結婚パーティーを機に、しあわせや愛といったことについての体感や考えを深めています。その翌日、妻は17時間も眠りつづけていていて、さながら眠れる森の美女でした。ぼくは流石にそこまで眠ってはいないけれど、いつもよりボケーっとしていて、ほぼほぼ使い物になりませんでした。

 それは単純に疲れていたというよりも、受け取った膨大な愛を全身全霊で処理しているようで。バージョンアップした愛の送受信装置をダウンロードしているような感覚でした。

 愛とかしあわせのエネルギー、それは巨大で深遠なもので。ちゃんと受け取ることは、じつはそう簡単なことではありません。ややこしくて申し訳ありませんが、ほんとうは簡単なはずなんだけれど、しあわせ慣れしていない人にとってはむずかしかったするということです。

 みたいなことを考えながら、のぼせるくらい長めに湯船に浸かり、熱いシャワーを浴びているとき、なぜだかふとこの記事のことを思い出したのです。

 ここからは、『ヴェヴァラサナ王国』という本(のようなもの)をご購読いただいている方だけが読めるようになっています。2,000円の買い切りで、過去の note 読み放題、ここでしか読めないコンテンツもどんどん追加予定です。

この続きをみるには

この続き: 1,249文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
まいにちの note をすべて読めます。ここだけでしか読めない原稿もあります。

読むだけで、あなたの人生が動き出します。これは、わたしとあなたの物語の本です。ぼくの人生とあなたの人生がリンクして、魔法のような人生物...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

なんだかんだ、人生うまくいく!
108
物書き、コンテンツプロデューサー。フランス移住を一時断念し帰国。あなたの人生が動き出す本『ヴェヴァラサナ王国』を1日1ページ更新中。ツイッターも。https://twitter.com/hiroomisueyoshi
コメント (2)
遅ればせながらですが、末吉さんおめでとうございます🍾

いろいろ偉そうなことは言えませんが、
とっても素敵なパーティーであったことが、
それぞれの方の記事のなかに、
宿っているようでした。
 
素直になるの、ぼくも苦手です。

ほんとの気もちは、シンプルだけど、
なかなか、ハッと気づけないことが
あります。

パーティーは想像するより無いけれど、
きっと末吉さんご家族の
新たな門出かもしれないなぁ〜と。

そんな、より深い幸せへの旅のような。

未来はきっと思ったよりも素敵だと思います。そんなことを、きょうぼくも感じる機会がありました^^
子供は泣くのが仕事。そして人は幸せになるのが仕事😄
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。