見出し画像

感情の学校「イライラする気持ちに対処するには?」〜7限目〜

毎日の中で、ついイライラしてしまうことってありませんか?

もし、近頃のあなたにイライラしてしまうことがあるとしたら、ぜひとも今回のお話をご覧ください。その原因は意外なところにあるかもしれませんよ。

人が生きていく上でとっても大事なことなのに、なぜだかあまり学ぶ機会のない「感情」について、末吉がカウンセラーの細川一滴先生に色々聞いていく大好評企画。

『 感情の学校 』7限目、はじまります!

【動画で「感情の学校」を視る】

【文章で「感情の学校」を読む】

末吉
みなさんこんにちは。ナビゲーターの末吉宏臣です。そして感情の学校の先生、、、

一滴
細川一滴です。よろしくお願いします。

末吉
ということで今回も授業をお届けしていこうと思います。今回は、この前僕の周りで、打ち合わせをしていた仕事のビジネスパートナーがいて、その方がいってたことを相談しようかなと思うんです。

その人が言ってたのが「自分の中で例えばその人の部下とかその人のパートナーさん奥さんとかに対して無性にイライラしてしまう時があるんだけど、イライラっていう気持ちに対しても嫌な感じがするんだけど、どういう風に対処したらいいのかわからないんですよ」みたいなことを言われて、それについてちょっとお伺いできればな、と思うのですが。

一滴
そういう風にいってるんですよ、って言いながら末吉さんの悩みだったりするんじゃないですか?

末吉
まあ、確かにそうだよね。これは毎回言うようだけど、僕にもあるよね。

一滴
自分の中にマイルールは誰にでもありますよね。例えば「時間って守るべきでしょ」とか。人によっては「プラスマイナス5分が許せる人、いや5分はありえないでしょ、10分は余裕みないとダメでしょ」とか、「前後30分OK」な人がいたりとか。

そのマイルールっていうのを知っておく必要がありますよね。ルール自体は、なんとなく自然に自分の中に入っちゃってるんだけど。

末吉
無意識ですよね。

一滴
それからブレるとイライラしますよね。

末吉
なるほどね、イライラの原因ってマイルールなんですね。

一滴
「普通さー」とか「常識でしょ」って言いたくなったとしたら、それは「あなた個人の問題なんです」っていう本質的なことを、まずは知ること。

末吉
自分の問題なんですか?

一滴
知っていれば「僕はこうだから合わせてもらえる?」っていう話を言えたりするんですよね。相手に合わせてもらう、っていうのは一番やりやすいんですけど、本質的にはそのルールを「緩めていく」または、「なんでこれに固執しているんだろう?」とか、「なんでこういう風になっているんだろう?」っていう原因を知って、もし緩められたら、それはすごく大きな変化になりますよね。自分を許していく、とか、幅を広げていく、というか。

末吉
ほー、自分の幅を広げることに繋がるんですね、ルールを緩めるっていうのは。そういうのが少しずつ広がって許せるようになってくると器が大きくなった気がしますよね。

一滴
幅広い信頼と、幅広いお客さんの層とか、人間関係に発展すると思います。

末吉
確かに、そうなりそうですね

一滴
ルールっていうのが育ちの過程で染み込まされていくっていうのと、もう一つはタイプもあるんですよね。「どんなポイントで感覚が厳しいか」っていうところの。時間に厳しいタイプの人、言語に強い人とか弱い人とか、体感覚の人とか、いろんなタイプの人が居るんですよ。

そのタイプによって才能が違うんです。だから、いろんなタイプの人がいるんだって知っておくのは大事ですね。自分と違う人を見たときに、この人はどういうタイプで自分とは全然違う才能があるんだなって思えたら楽になると思いますよ。

末吉
なるほどね、マイルールを知ると同時に、いろんなタイプがいるってことを知っておくっていうことが大事なんですね。

一滴
基本的には自分の思い通りにならなくてイライラするときは、自分の至らなさっていうか、限界を感じさせられて自分が嫌だからイライラするんだと思うんですよね。

末吉
もう一回言ってもらってもいいですか?

一滴
自分の至らなさを思い知らされてる感じがする。

末吉
イライラするとき?

一滴
余裕があったらイライラしないわけじゃないですか。

例えば時間の話だったら「遅れてもいいよ、別に対処できるよ」って思うじゃないですか。だけど「遅れたらやばい」って思うことは、自分の幅の狭さを突きつけられるんですよね。

このラインからずれたら苦しくなるっていうのは自分の余裕のなさっていうか「小ささ」だから、嫌な感じがするんだと思います。

末吉
ちょっと僕が受け入れきれなかったんですね(笑) いや、でもいると思います。この動画を見ていて受け入れられない人。言ってることわからないって頭を混乱させて、自分のキャパのなさを見たくない人。

一滴
そうです、見たくない。なので、本質的には「このイライラは自分の余裕のなさっていうのが原因なんだ」「自分が原因なんだ」っていうのがあると思います。

末吉
これ、ぜひあと1回聞いてください、笑

結構ボリュームがあったというか、いろんな要素が入っていたと思うので、もう1回聞いてみてほしいですね。自分の中に染み込む度合いとか、気づくことがより深まるんじゃないか、という感じがしました、今回特に。ぜひ時間がある方、もう1回聞いてみるといろんな発見があるんじゃないかと思います。

一滴
本当に幅が広くなると思います。仕事の幅も、友人の幅も広くなっていくと思いますね。

末吉
今、なんとか広げようと頑張ってるので、自分が聞きなおそうと思います。

はい、ということで次回も楽しみにしておいてください。今回もありがとうございました。

(授業はまだまだつづきます。次回をお楽しみに!)

------------------------------------------------------------------
これまでオンライン上だけでお届けしてきた『感情の学校』の授業。たくさんの方から、「リアルな授業はやらないんですか?」と質問され、開催のリクエストをいただいていました。

ということで、いよいよ、2018年の年始からリアル版『感情の学校』を開校します! その授業案内もつくりましたので、ぜひともチェックしてみてくださいね。

リアル版『感情の学校』の授業案内はこちら。
→ https://goo.gl/UuSrmJ

感情を学ぶことは、じぶん自身を知ることです。なにが好きで、嫌いなのか? そこから、じぶんに正直に生きることができるようになります。するといつの間にか肩の荷が降りていたり、ふつふつとやる気がみなぎってくるようになるでしょう。そんな不思議でおもしろい感情の世界について一緒に学び、考えましょう。

◉ 「感情の学校だより」をメールマガジンでお届けしています。
→ https://88auto.biz/acompass/registp.php?pid=13

追伸、、、
細川一滴先生に聞いてみたいことがあればコメント欄より教えてくださいね。

◉ 過去のオンライン授業一覧はこちらから
→ https://sueyoshihiroomi.com/m/ma6eb7f74cce7

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

深呼吸、深呼吸〜。
57

末吉 宏臣

物書き、編集者。小説集『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が掲載されています。年中無休まいにち夜の7時に小文を公開しています。自分らしく生きるためのメルマガを月額400円で配信中です。ツイッターも:https://twitter.com/hiroomisueyoshi

感情の学校

心理カウンセラー細川一滴先生と、大切なものなんだけれど、しっかり勉強したり、見直すことのない感情についての学校を開講しました。
1つ のマガジンに含まれています

コメント6件

朝からnote見ていたら感情の学校に辿り着きました。これじゃない新しい物かな?感情はすべて大切の言葉が素敵だと思ったのですが、イライラも感じるのは、いいけれど、こびり付いてしまうのをどうやって手放すか?教えて欲しいです。こびり付いた汚れみたいに中々手放せない、自分でそうしているのでしょうが…難しいのです。楽しい、喜びはふっと去るのに~不安、怒りはこびり付く~事がある。
madein38ん、こびりつきは嫌ですね〜。お鍋でも嫌ですね。こびりつくのは、それだけエネルギーが強いということです。あなたにとって大切なことがあるはずです。すぐに手放そうとせず、ちゃんと怒って下さい。そして不安を誰かに聞いてもらって下さい。手放すのはその先ですよ☆
こちらのコメント欄に書いて良いのかどうか、と思いましたが。嫌な感情も、まずしっかり受け止めてあげれば…あーこんなことがあったんだから不安でも仕方ない…受け止め、場合によっては感じきって必要な対処をすれば、感情曲線は喜怒哀楽すべてに作用すると思っています。
吉田さん、おっしゃる通りだと思います(^。^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。