見出し画像

フランス外出制限発令。P077.

 途中までは、きのうの昼間に書き進めていた文章です。その日の夜、フランスのマクロン大統領が外出制限を発令しました。前後の温度差が文字どおり天と地ですが、そのままいきます。

 娘が立った。はじめて立った。机に座って仕事をする妻におっぱいをねだっていたかと思ったら、いつもならズボンをにぎりしめているはずの手が離れていた。いつの間にか、パッと。妻とふたり歓喜。「立ってるじゃーーーん!」

 映像に残そうとスマホを取り出そうとするも、焦りでうまくカメラアプリを立ち上げられない。あたふたしている間に、娘はひしっと妻のズボンをつかむ。ガックシと落ち込む父。。

 しかし、そこは我が娘。カメラを向ける父に対して、サービス精神旺盛に手を離して立ってくれた。まだ足もとが不安定でゆらゆらと体を揺らす姿は、さながらダンシングベイビーのようで可愛かった。

 世界がどんなに大変だろうと、娘はちゃんと成長する。そんな当たり前のことに感動した。なんだかよくわからないけど、僕たちも大丈夫な気がしてきて、娘の髪の毛をくしゃくしゃと撫でた。

 シャワーを浴びて、ソファにもたれかかって情報収集、、、とマクロン大統領が外出制限を発令したと報じられていた。17日の正午から2週間程度、ということらしい。

 いよいよ、か。想定はしていたとはいえ、その事実に直面すると衝撃が走る。いますぐ立ち上がって、娘を寝かしつけている妻と話したい、誰かとこのやり場のない気持ちを分かち合いたい、そんな衝動に駆られた。

 これは、『ヴェヴァラサナ王国』という本(のようなもの)をご購読いただいている方だけが読めるようになっています。

 2,000円の買い切りで、過去の note 読み放題、ここでしか読めないオリジナルコンテンツもどんどん追加予定です。現時点で70記事ほどが読み放題になります。

この続きをみるには

この続き: 776文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
まいにちの note をすべて読めます。ここだけでしか読めない原稿もあります。

読むだけで、あなたの人生が動き出します。これは、わたしとあなたの物語の本です。ぼくの人生とあなたの人生がリンクして、魔法のような人生物語が…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

正直がいちばん。
126
物書き、コンテンツプロデューサー。フランス移住を一時断念し帰国。あなたの人生が動き出す本『ヴェヴァラサナ王国』を1日1ページ更新中。ツイッターも。https://twitter.com/hiroomisueyoshi
コメント (6)
みかち、ほんとにね。そうなんだろうね。いまを懸命にご機嫌に生きるよ。
JASMINさん、闇と光を同時に感じる一日でした。マクロン大統領は、コロナとの戦争だと表現し、事態の深刻さがある意味的確にある意味強調されています。健さん、そうでしたか。つながりに感謝、ほんとうですね。
初めての海外生活で、こんな非常事態に直面したら本当に不安だと思います。でも多分末吉さんならその体験を乗り越えて次の世界に行けるから、今そこにいらっしゃるのだと信じてます。今はとにかくご家族との繋がりや暖かい時間を大切にして下さいね。ヨーロッパはアメリカより更に緊張度が高い状況が想像出来ます。ここでも日々状況が変化するので、ローカルニュースから目が離せないです。
娘さんの1人立ちおめでとうございます!これから大変になりますね。ヨーロッパは移動が自由な分それが裏目に出てしまいましたね。幸い小さな子どもは感染しても重症化することは滅多にないようなのでそれが唯一の気休めですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。