見出し画像

一人ひとりが生きやすいコミュニティに身を置こう! :緊急事態宣言生活18日目。P116.

自分の身を置く場所をよく考えましょう。

人によっては聞き飽きるくらい、これからは二極化の時代ですよ、という話を聞いたり読んだりしたことがあるかもしれません。

個人的にもそう思っています。

それもエゲツないくらい、というのが僕の持っている印象です。

では、どうしたらいいほうの世界を選べるのでしょうか?

ちなみに個人的には、いいとか悪いではなく、心地よいと感じる世界を選べるのか、という視点のほうが好きです。

そのひとつが、「自分の身を置く場所」の問題です。

どこに住むかという居住の問題もすごく鍵になるとは思うのですが、今回は別の場所について考えていきましょう。

自分が暮らす場所ではなく、自分が所属するコミュニティという場所についてです。

少し前までは「宗教だ!」などと批判されていましたが、ここ最近オンラインサロンが市民権を得てきた感があります。このオンラインサロンもまさにコミュニティです。

どんなコミュニティに所属するかで、あなたの人生の生きやすさや方向性が変わってきます。自分の人生にとても影響を及ぼすもの、なのです。

さて、では、、、

これは、『ヴェヴァラサナ王国』という本(のようなもの)をご購読いただいている方だけが読めるようになっています。

2,000円の買い切りで、過去の note 読み放題、ここでしか読めないオリジナルコンテンツもどんどん追加予定です。現時点で130を超える記事が読み放題になります。

この続きをみるには

この続き: 1,475文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

堀江貴文さんの電子書籍『なぜ堀江貴文の本は全てがベストセラーになるのか?』をはじめ、200冊を超える電子書籍のプロデュースを手掛けてきた末…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいニャー。
138
コンテンツプロデューサー、作家。本田健さん公式note、本田健書店編集協力、堀江貴文さんの電子書籍、箕輪厚介さんのインターネットラジオなどプロデュース多数。コンテンツビジネススクール主宰。ツイッターも:https://twitter.com/hiroomisueyoshi

この記事が入っているマガジン

じぶんで作る「売れる電子書籍制作」お得パック
じぶんで作る「売れる電子書籍制作」お得パック
  • 21本
  • ¥1,200

堀江貴文さんの電子書籍『なぜ堀江貴文の本は全てがベストセラーになるのか?』をはじめ、200冊を超える電子書籍のプロデュースを手掛けてきた末吉宏臣のマガジンです。原稿10本、音声セミナー8本が含まれています。

コメント (4)
細かいこだわり、気づいてくれてありがとう☺️👍✨
さすが宇宙人(笑)
ついに宇宙人Tシャツ!もう隠せませんね。笑。😉
つ、ついに、、、
公表して生きるときか…笑
😅笑。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。