見出し画像

ひとり、じゃない。

 うれしいことがありました。7年ほど前に独立したはいいものの、本業では食べていけずにアルバイトをしていたとき、足をプルプル震わせながら背伸びして通った恵比寿ウエスティンホテル。そのときと同じ場所の、きょうは22階でランチをいただいたのですが、そこでのことで。ひとり感慨深さに浸っています。

 詳細はまだ伏せておきますが、とにかくワクワクするプロジェクトがスタートしそうです。ただ……じつは多くの場合そうなのですが、ワクワクの裏には怖さもこっそり潜んでいまして。目には決して見えないそやつらの存在に怯み、ぼくらはワクワクすることへ挑戦するのをやめてしまうことが(往々にして)あります。

 ということで今回だって、ワクワクと同時にガクガクブルブル略してガクブルもあるわけで。あたたかいコーヒーや十六茶をいつもより多めに飲んだり、数枚の葉っぱを落とすまいと頑張っている細い木を眺めたり触ったりして、心を落ち着けています。

 まずは自分の心の整理を済ませて、まずは真っ先に妻へと報告。短いけれど力強い、励ましのコメントが即座に返ってきました。そこからつづけて、半分身内でもあるビジネスパートナーやコンテンツビジネススクールのメンバー、このプロジェクトに協力いただきたい方々へメッセージを入れると、あたたかい言葉がさざ波のように押し寄せてきたのです。

あぁ、ひとりじゃないんだ。

心の奥から力が湧いてくるのを感じる。

体が羽のように軽くなるのを感じる。

 昔だったら、ひとりで抱え込んでいた気がして。それは強さなんかではなく、たぶん、カッコつけていたり、強がったり、していたのだと思います。弱音をこぼしたり、助けを求めたりすると、ちゃんと返ってくるんですよね。ただ自分のほうが、まわりを信頼していないだけだったりして、ね。

あんがい
ひとりじゃない、かもしれませんよ?

✳︎ ✳︎ ✳︎

 きょうも読みにきてくださって、ありがとうございます。ぼくらは世界のやさしさを知るために、いろんなことを経験して生きているのかもしれませんね。

画像1

帰ってきたら
カオスなうちのテーブル
嫌いじゃない

 facebook に書いたことも、シェアしますね。

 振り返ればぼくはいつも、ビジネス的な成功やお金を優先して追いかけてきませんでした。心というか、もうちょっと突っ込んで言うなら魂の声みたいなものに従って生きてきたのです。カッコよく書いてはいますが、ある意味ではただそれが出来なかっただけだし、そこから逃げ回ってきた感覚さえあります。
 もしかすると、だからこそ、とふと思うことがあります。ぼくは楽しく生きていくのに十分なお金を受け取り、心が踊るような人たちと仕事をして、たくさんの仲間に囲まれています。
 そんな魔法のような人生を生きるヒントや感覚を、ぼくは毎日の note に書き、もっとダイレクトに受け取ってもらえるようにセミナーコンテンツという形で分かち合いたいんだなぁ、と思うのです。
 ピンときた方は、来年のあたまにセミナーをやりますので、ぜひお越しください✨ ご縁のあるみなさんと交流できることをたのしみにしています。

1月12日(日) , 1月18日(土) 開催!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

なんだかんだ、人生うまくいく!
144
物書きや編集者もやっている、偶然の風に吹かれて生きる旅人。同人誌『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が収録されています。ツイッターも。https://twitter.com/hiroomisueyoshi

コメント3件

命は『1つ』でも 生きていくと 鼓動の数が増えていきますね✨
なんてよき含みをもった、素敵な言葉でしょう…
初めまして。
そうなんですよね、ワクワクの後ろの恐怖感。それに囚われないようにするには仲間の力が一番ですよね。
Have a great journey there :-)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。