コンテンツをお金に換えるときに失敗する6つの理由。

じつは今年の年始、ぼくは電子書籍を出版する予定だった。プロのデザイナーさんに、書籍表紙までデザインしてもらっていた。(もちろん、デザインフィーもお支払いして)原稿も9割5分は完成していた。

しかし、その電子書籍が日の目をみることはなかった。それらしい理由はたくさんある感じがするが、最終的には「気持ちが乗らなかったから」としか言いようがない。

今回は、その原稿の一部を大幅に加筆修正して、有料マガジン『プロデューサーの眼差し』のコンテンツとしてよみがえらせた。

これからは、コンテンツの時代がやってくると思っている。(もうすでに、そうだとも言えるけれど)たとえば、なにかしらのモノやサービスの周りやら、奥やらには情報や物語がある。

たとえば、いまぼくがこの原稿を書いているスタバの窓から見える、道路をはさんだ向かいに立っているお花屋さんにだって、情報や物語が隠されている。

ふむ、その情報や物語とは、いったい何なのか?

その店主さんはどんな経歴なのか? そもそもお花屋さんをやろうと思ったたきっかけは? どのくらいの期間続いているのか? どんなことを大切にして、お店をやっているのか? なぜこのような店内レイアウトにしているのか? etc…

これらの質問の回答となる情報や物語こそが、コンテンツなのだ。だとすれば、どんなものにでもコンテンツは存在しているといえる。

その情報や物語が、素敵だったら?
その情報や物語に、共感できたら?

人の視線はそこに集まり、愛着を感じるようになる。それが大きくなれば、渦になっていく、お祭りのようになっていく。そこには、結果的にお金も集まってくるのだ。

(2017年10月10日現在)このよい例は、キングコングの西野亮廣さんだろう。彼のビジネス書最新刊『革命のファンファーレ』は、彼の界隈ではお祭り騒ぎのようになっていて、わずか発売6日間で10万部を超えたそうだ。

物質的な本を出したというだけでなく、その本のまわりにある物語、つまりはコンテンツをはっきりと発信しているのだ。本書に込めた想いやら価値を熱く、言い方を換え、何度も発信する。さらには原稿の一部を無料化したり、何千ものサインを自らの手で入れたりも含めて、そのコンテンツにかける熱と工夫が圧倒的なのだ。

だからこそ、ぼくたちもコンテンツを嘘なく、誠実に、だけどしっかりとはっきりと表現することが求められているのだ。

そんなコンテンツをお金に換えていく、ビジネス化させていく上で失敗してしまいがちな6つの落とし穴について考察し、書いた。

あなたの情報発信や表現活動の「転ばぬ先の杖」となれば嬉しい。

この続きをみるには

この続き:4,099文字
記事を購入する

コンテンツをお金に換えるときに失敗する6つの理由。

末吉 宏臣

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

奇跡のような毎日になりますように。
58

末吉 宏臣

商売

コメント3件

昔イベントで自分の作ったものを売っていた頃の事を思い出しました。自分に自信がない故作品にも自信がなく、人様からお金を頂くということに対してかなり抵抗があったなぁと。で、結局値引きしてしまう自分。ホントに貧乏ヒマなし。そういうことをなんとなく思い出しましたが、今自分がお金にならない事をやっているのはそこから脱却する第一歩なんだと思ってます。
お金をもらうことへの抵抗は生まれますよね。特に個人事業とかフリーランス、いちクリエイターとしてやっているとそこにハマってしまいがちになります。(ぼくは値上げを考えるときとか、定期的に襲われます)
いまはお金をもらわずに、大きな(よい)仕事を練っているという感じなのでしょうか。詳しいご状況はわかりませんが、いい形で脱却できることを応援しています。
小林さん、全然失礼なことありませんよ。おっしゃる通りだと思います。じぶんのことを客観視するのは、むつかしいことですよね。ぼくのまわりのベストセラー編集者のみなさんも、じぶんの本をつくるときは編集者を入れて客観的な視点を入れられますね、例外なく。ので、客観的なフィードバックを、親しい人に求めてみるのはありかもしれませんね。小説か脚本でしたよね、このあたりは、また独自の判断軸でコンテンツの定義がされていますからね。まずは、書いて、何かしらの賞への応募という流れでしょうか?(もうなさっていますでしょうか。汗)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。