見出し画像

前歯が折れないか心配です…。

 千葉にあるお寺で娘のお宮参りをしてきました。娘は妻の七五三のときの着物を仕立てなおした産着を、妻は叔母さんから譲り受けた着物を着てお経をあげてもらいました。みんなから好かれる、愛嬌のある子になりますように、そんな内容だったとあとからきかせてもらいました。そんな子になったらいいな。

 和尚さん交えて、お昼ご飯のお店に移動しました。娘はお座敷の座布団のうえでゴロンと横にならせて大人たちは歓談。僕たちの席は入り口のすぐそばだったのですが、ほかのお客さんが通るたびに娘を見て顔をほころばせて行きます。かわいいねぇ、と覗きこんで話しかけてくる人たちも少なくありません。

 それがわが娘となると、もうダメです。メロメロでございます。妻に向かって、かわいいよねぇ、と無駄に問いかけます。基本的には、もちろんよ、と笑顔で返してくれますが、ときにはやれやれと苦笑い。そんなふうに溺愛しすぎているあまり、抱っこするたび顔を近づけて鼻と鼻をチョンとくっつけます。

 そんなあるとき、気がつきました。かわいすぎてなのかなんなのか、娘に顔を近づけるとき無意識にあごに力がはいり、歯をくいしばっていたのです。それを家族旅行のときに話すと、1歳未満の息子がいる弟も力強くうなずいていました。本気で歯が折れるんじゃないかと心配になるほど、ちいさな子どもの人を惹きつける魅力はものすごい! その無垢さを見習いたいです。

 今日も読みにきてくださって、ありがとうございます。娘の前だと恥も外聞もなくノリノリで歌を歌ったりします。そんな無邪気さでまいにちを過ごしたらどうなるんだろう。

 昨日は有料メルマガの日でした。「人と違うことをする」というテーマで書きました。人と違う人生を生きたければ、自分だけの人生を生きたければ、人と違うことをやる勇気を持ちたいものですね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

深呼吸、深呼吸〜。
88

末吉 宏臣

物書き、編集者。小説集『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が掲載されています。年中無休まいにち夜の7時に小文を公開しています。いまより本気で人生と向き合うメルマガを月額400円で配信中です。ツイッターも:https://twitter.com/hiroomisueyoshi

コメント1件

いいえ、お気になさらないでください。
そうなんですか…。あの日はふつうにお別れして、その日のうちにメッセージのやり取りはありました。が、そのあとのことは僕にもわかりません。僕からもメッセージしてみますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。