見出し画像

こんなときだからこそ、からだの協力を得て毎日をたのしく過ごす。 P057.

 知らず知らずのうちに、疲れがからだに溜まっていたようです。娘が顔のうえを乗り越え往復したり、「ねーねー、起きてよー」とかわいい手でペシペシ。一瞬だけ目を開いた覚えはあるのですが、気がつけば寝室にはぼくひとり。寝ぼけ眼で時計を見上げると、お昼の12時になっていました。頭はボーッとしていたけれど、からだが軽くなっていてびっくり。

 お風呂のお湯をあたためて、リラックス効果のあるという入浴剤を贅沢に投入してつるんと乳白色に染まった湯船にチャポン。いつもより入念にからだの各所をゆるめていきました。何事につけても意識的になることっていいもので。同じ行為でもその効用が増すというかなんというか、です。

 これは、『ヴェヴァラサナ王国』という本(のようなもの)をご購読いただいている方だけが読めるようになっています。2,000円の買い切りで、過去の note 読み放題、ここでしか読めないコンテンツもどんどん追加予定です。

この続きをみるには

この続き: 746文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
まいにちの note をすべて読めます。ここだけでしか読めない原稿もあります。

読むだけで、あなたの人生が動き出します。これは、わたしとあなたの物語の本です。ぼくの人生とあなたの人生がリンクして、魔法のような人生物語が…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

深呼吸、深呼吸〜。
106
物書き、コンテンツプロデューサー。フランス移住を一時断念し帰国。あなたの人生が動き出す本『ヴェヴァラサナ王国』を1日1ページ更新中。ツイッターも。https://twitter.com/hiroomisueyoshi
コメント (1)
わお!末吉さん、ありがとうございます。

身体を温めることは本当に大事です。
頭寒足熱、昔の人はそんなこともキチンも知っていたんですね~。すごいな☺️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。