見出し画像

全員が著者になる時代の「電子書籍の5つのメリット」【コンテンツマラソン#12】

紙の本を出さなければニセモノ?
商業出版ではなく、自費出版はカッコ悪い?

編集を担当したホリエモンこと、堀江貴文さんの書籍『なぜ堀江貴文の本は、すべてがベストセラーになるのか?』の冒頭第1章「出版神話5つのウソに騙されるな!」における問いかけだ。

ぼくは昔から本の虫だったので、「紙の本を出さなければニセモノ」、「商業出版ではなく、自費出版はカッコ悪い」と思っていました。

しかし、いまは電子書籍出版社の編集長をつとめているので、電子書籍やこのnoteのメリットを理解しているつもりでした。が、、、堀江さんからガツンと言われて、ハンマーで殴られ目が覚める思いをしたのを覚えています。

今回の音声ではズバリ、電子書籍を出版する5つのメリットについてお話しました。1年半の間に100冊の本をプロデュースしてきた体験談を交えて、その可能性や価値についてまとめています。(堀江さんへのインタビューのときのこぼれ話も収録しました)

・「電子書籍の実際のところってどうなの?」と思っている人
・ブログやSNSなどで無料で情報発信を続けている人
・いつか紙の本を出版したいと思っている人

そんな人たちにぜひ聞いていただき、頭に入れておいてもらえると、これからの発信活動や創作活動にきっと役立つはずです。

ブログやSNSなどでセルフメディアを全員が持てる時代になりました。これからは、全員が著者になる時代が遠からずやって来るのではないかと思います。まだまだまだまだ、電子書籍や有料noteの可能性に気づいていない人も多いと感じています。

いち早く挑戦する勇気のある人にこそ、大きなチャンスが待っているはず。この音声が何かのきっかけになればうれしいです。

※ この「コンテンツマラソン」では、毎回ワークシートを準備しています。本気でやりたい方はダウンロード&プリントアウトして取り組むと、スピードやら深まり方がずいぶんと変わるはずです。

この続きをみるには

この続き: 88文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

堀江貴文さんの電子書籍『なぜ堀江貴文の本は全てがベストセラーになるのか?』をはじめ、200冊を超える電子書籍のプロデュースを手掛けてきた末…

または、記事単体で購入する

全員が著者になる時代の「電子書籍の5つのメリット」【コンテンツマラソン#12】

末吉 宏臣

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

( ´ ▽ ` )ノ
47
コンテンツプロデューサー、作家。本田健さん公式note、堀江貴文さんの電子書籍、箕輪厚介さんのインターネットラジオなどプロデュース多数。コンテンツビジネススクール主宰。フランス移住を断念し帰国。ツイッターも:https://twitter.com/hiroomisueyoshi

この記事が入っているマガジン

じぶんで作る「売れる電子書籍制作」お得パック
じぶんで作る「売れる電子書籍制作」お得パック
  • 20本
  • ¥1,200

堀江貴文さんの電子書籍『なぜ堀江貴文の本は全てがベストセラーになるのか?』をはじめ、200冊を超える電子書籍のプロデュースを手掛けてきた末吉宏臣のマガジンです。原稿10本、音声セミナー8本が含まれています。

コメント (5)
ミカさん、挑戦してほしい!! 早く挑戦して、早く失敗もして、挫折もして、でもまた挑戦するなかで、ずいぶんとじぶん自身が遠いところまで歩きついていたことに気がつくはずですので。
作曲家になりたい人向けの自己啓発って全然売ってなくて、でもみんな仕事欲しくて、そんな本作りたいです!!末吉さんに編集を依頼することってできるんですか?今、サイトを見てたんですが・・・!
そんなふうに思ってもらえるのは嬉しいですね〜。お問い合わせフォームにメッセージください。
送らせていただきますね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。