見出し画像

そりゃあ、凹むかもしれない。だけれど、思いっきり声をあげようぜ。 P026.

 幻冬舎の編集者である箕輪厚介さんのトークイベントを企画させてもらったときのことを懐かしく思い出しました。(イベントは終了しています)

 いま note のフォロワーさんが1万人を超えた、記念と感謝のトークイベント企画が進んでいます。じつはこれ、コンテンツビジネススクールという学校のメンバーのひとりであるタマちゃんが発案してくれました。

スクリーンショット 2020-01-26 16.38.46

 こういうノリ、好きです。箕輪さんのトークイベントのときも、「やりましょう!」と勢いでお願いしたところからスタートしていて、懐かしくなったのです。ということで、タマちゃんにさっそくお返事。「よろしく!」

 ここからは、『ヴェヴァラサナ王国』という本(のようなもの)をご購読いただいている方だけが読めるようになっています。2,000円の買い切りで、過去の note 読み放題、ここでしか読めないコンテンツもどんどん追加予定です。

この続きをみるには

この続き:1,527文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
まいにちの note をすべて読めます。ここだけでしか読めない原稿もあります。

読むだけで、あなたの人生が動き出します。これは、わたしとあなたの物語の本です。ぼくの人生とあなたの人生がリンクして、人生物語が動き出します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今日も来てくれてありがとうございます。
140
物書きや編集者もやっている、偶然の風に吹かれて生きる旅人。同人誌『ブンガクフリマ 28ヨウ』に短編小説が収録されています。ツイッターも。https://twitter.com/hiroomisueyoshi

コメント4件

誰でも断られたら凹むんだなということを教えていただきました。
私もめちゃくちゃ凹みますが、これこらは凹んでもめげずに声をあげていこうと思います!
勇気をいただけるnoteをありがとうございます(^-^)
似たようなことが最近あったばかりなので・・・短気を起こさず、地道に進んでいこうと思います。
あるある、末吉さんにシャッターを閉められた過去も笑いにして、24日の記事に書いちゃったし🤣
当たって砕け散っても、ドラゴンボールやターミネーターのように再生させて、生きながらえていこうと思います!
記事シェアさせていただきました。
ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。